仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

借金あるけどバンコクナイトライフを楽しみ続けたらタイ人と国際結婚し人生が変わった

サワッディーカップ!!

tad(@tad20160724)です。

 

借金持ちのtadですが、日本のどんなところよりも好きな場所であるタイ、バンコクに毎年のように旅行し続けた結果、タイ女性と国際結婚するまでに至ったんですが…

好きなことを楽しみ続けるって、ほんまに大事やな〜と思ったんで記事にしました!!

 

想定読者

 

  • 借金あるから、あらゆることを我慢している人
  • バンコクナイトライフがめっちゃ好きって人

 

 

前書き

お酒好きで、夜の繁華街をウロウロすることが好きな人なら、バンコクにどハマりすること間違いなしなんですが…

金がない!!

なんなら、借金あるからバンコクに行けない。

貧乏人や借金ある人はバンコクナイトライフを楽しむことができないのか!?

 

金ない!!借金ある!!でも人生楽しまなきゃ!!じゃないと、ほんまに廃人になるよ

 

f:id:tad20160724:20180812000742j:plain

金なくて借金あったとしても、貪欲に好きなことにハマり続けることで、得るものが絶対にある

 

tadは、約500万円ぐらいの借金があります

 

 
借金の原因の記事

 

 ふつう、借金あったり、貯金がなかったりしたらあらゆる好きなことを我慢しますよね。

ただ、tadは唯一の趣味があります。それがバンコクナイトライフです。

結婚前までは、テーメーカフェやゴーゴーバーに入り浸っていました…

 

バンコクナイトライフに金が無くてもハマり続けた結果、得たこと

  • タイ人嫁
  • 英語
  • 週末の飲みを止めたこと

人生って、ほんまにわからないもんですね。

 

 

好きなことをし続けたからこそ、めっちゃステキなタイ人女性と出会い、国際結婚できました。

 

バンコクナイトライフを楽しむために必須の英語を努力し続けたことにより英会話スキルが向上しました。

 

バンコクに行くための金を貯めるために週末の飲み会を断り、貯金癖が身に付き、暇な時間で語学の勉強に夢中になりました。

 

 

貪欲に好きなことに夢中になるって本当に大事です!!

 

タイ旅行するために、いらんとこで金を使わないこと

普段から自分にとって投資とならないようなことには金を使わないことって、本当に大事です。

そういう無駄遣いをやめることができたんですが、さらに突っ込んで、タイ旅行を計画するとき航空券代をいかに安くするかが一つ大きなポイントです。

 

ズバリ言います。

関西空港とドンムアン空港の往復航空券代は4万円をオーバーしないこと!!

4万円超えたら割高と思いましょう。2万円台の航空券も全然ありますので…

つまり、エアアジア(もしくはスクート)を利用することが重要です。

 

エアアジア利用なら荷物(預け荷物、機内持ち込み荷物等すべて含めて)総量7キロ以内にすることも大事です。

tadは、無知のあまり、7キロ超だったため1万円近くエアアジアに献上しました。これは本当に大チョンボでしたね…

バンコクでのご飯代を浮かせる方法

ナナプラザの2階エスカレーター横にあるMercuryに開店直前のPM6:50頃に入店することをオススメします。

なぜか…

ゴーゴー嬢が開店前に食べるまかないを一緒に食べることができるからです

なんかメッチャ得した気持ちになりますよ

tadは、ナナプラザに行けば必ずMercuryにまず足を運びますね。

 

 
Mercuryについての記事

 

1年に1回ぐらい、金がなくても(借金があっても)大好きなことのために金を使おう

何のためにやりたくもない仕事をするか…

もちろん給料を得るためですけど、絶対にモチベーションになるような楽しみを1年に1回設定することは非常に大事です。

※tadは、それがたまたまバンコクナイトライフで狂喜乱舞ということでしたが…

借金があっても1年に1回は思いっきり羽伸ばしていいと思うんですよね。

そうすることで、自分は何のためにクソな仕事をがんばっているのか分かりますし、なにより…

生きているって実感できます。

金がないけど、人生を楽しむってほんまに大事ですよ…

 

まとめ

金がない。借金がある。けど、1年に1回ぐらいは後先考えずに大好きなことに没頭しよう!!

そうすることで、普段の苦痛で仕方ない節約や友人からの誘いなどを断ることができ、支出が減り、借金の返済も進むし、貯金癖もつきます。

 

おしまい

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved