仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

そろそろ会社や資産家など他人のために働くことを止めにしませんか?

サワッディーカップ!!tad(@tad20160724)です。

 

仕事に忙殺されて、自分の時間を持てずに日々の生活を送っているサラリーマンは非常に多いですよね。

毎日何の希望も無く生きている方は、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

この生活を定年まで続けることが自分の人生にとって本当に良いことなのかどうかということを。

f:id:tad20160724:20180603193015j:plain

 

勤めている会社や会社の株主など他人のためでなく、自分のために人生を生きよう。

 

どんな人に読んでほしい記事か?

サラリーマンとして働くことに行き詰っている人に読んでもらいたい記事です。

 

現在の労働環境のなかで、おかしな点をピックアップ

 

おかしな点①

給料という生活の糧を得る手段として、他人が経営する企業の利益のために日々やりたくもない仕事をし続けること

 

おかしな点②

自分や自分の家族のためにではなく、他人が経営する企業の利益やそのオーナーである株主のために人生の大半を捧げること

 

これら2点は、社会の常識として世間では認知されています。

この常識を疑いましょう!!

 

本当に自分を雇っている会社やその株主達を儲けさせるために人生の大半を捧げるという奇特なサラリーマンって、存在するのでしょうか。

 

公務員も同じです。自治体や国のために働くという高尚な目的意識を持って仕事をしている人なんてほぼいないと思います。

 

そんな高尚な考えを持っているなら日々の業務に対して不平不満を吐露するなんてあり得ないんですから…

 

しかし私たちサラリーマンは資産家達が儲けるために働きまくるのです。

 

このことを意識しているサラリーマンって、非常に少ないと思います。

意識していないから、自分の成長のために営業ノルマを達成するんだみたいな思考になるんですよね。

自分の成長とかありませんから!!

もちろん資産家のような支配層はそんなことを教えてはくれません。

 

家族や友人など大切な人たちと過ごす時間を割いて割いて割きまくって、心身ともに疲弊しながら資産家のマネーゲームのために働くのです。

 

そろそろ自分のために人生を捧げませんか?

 

自分の人生を生きるためには、他人に依存してはいけない。

f:id:tad20160724:20180603193521j:plain

自分のために人生を生きる手段①

他人が経営している会社から給料をもらわなけらば生きていけないという状況を打破しましょう。

 

 つまり、自分自身でお金を稼げる手段を見つけないといけません。

 

自分で稼ぐことをこれまでの人生で経験した人は、ごくわずかだと思います。自分で稼ぐという経験が全くない人が、1から事業を興すことはとんでもなくリスクの高いことです。

じゃあ、どうすればいいか?

 

それは何か副業を始めることです。※自分自身の労働力(時間)を売ることではないですよ。

 

tadが始めている副業はネットビジネスです。

まだまだネットビジネス初心者ですが、やりたくもない労働の対価ではなく自分の創作したブログから利益が発生しています。

このネットビジネスからそれなりの利益を稼げるようになったら他人のために働くという労働を辞めます。

 

自分のために人生を生きる手段②

しょうもないプライドや肩書は捨てましょう。正直ゴミです。

 

世間では、平均年収がどうのこうのとよく言われます。

また業界ナンバー1である〇〇〇〇株式会社に勤めているなんていう肩書を自慢したりする奴もいます。

 

しかし、そんなもんクソくらえと思えばいいんです。

 

人生をどれだけ自分のために生きることができたか。

これこそが、人生で最も大事なことです。年収がいくらとか業界ナンバー1の〇〇〇〇株式会社という肩書など関係ありません。

そんな見栄を張るために人生の大半を過ごすことは、止めましょう。

 

自分のために、自分の家族や大切な人たちのために人生を過ごしてこそ生きる意味が有るのです。

 

まとめ

企業オーナー様や資産家様のために働いている人生を考え直す一助にこの記事がなったらうれしいですね。

 

21世紀版の働き方は、いい大学に入り、いい会社に入るということではないのです。

 

会社に雇われてそれなりの給料をもらって、人生順風満帆という時代は完全に終わっているのです。

 

では、どうするべきか!?

 

それは、自分の力で稼ぐしかありません。

自分で稼ぐ手段として、tadはインターネットビジネスに活路を見出しています。

 

現在、インターネットビジネスを始めて3ヶ月が経とうとしますが、収益はトータル200円ちょっとというすずめの涙程度しかありません。

しかし、「継続は力なり」で、今後もインターネットビジネスを継続していきます。いつか月収7桁に到達することを目指して。

 

最後に…

会社人生に疲れきって、働く意味がわからなくなった人は、自分の生活の糧を会社に頼るのではなく自分で何か収益を生み出せるよう有意義な努力をするべきです!!

 

 

 

 

 

 

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved