仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

テーメーカフェで出会ったテーメー嬢たち~その3~

サワッディーカップ!!

tad(@tad20160724)です!!

 

本記事は、勝手にシリーズ化している印象的なテーメー嬢、第3弾として書きました。

 

 

第1弾第2弾も合わせてどうぞ

 

 

 想定読者

バンコクナイトライフ好きで、テーメーカフェ好きな方

 

前書き

何度も利用させていただいたテーメーカフェですが、初めてダブルデートでロングコースが成約した印象的なケースであり、tadにとって最後のテーメー嬢だったので紹介します。

 

テーメー嬢とダブルデートは、楽し過ぎて2日連続でロングコース

f:id:tad20160724:20180812220141p:image

 

テーメー嬢FILE④:仲良し美人2人組のテーメー嬢

 2016年7月

 
特徴
  • 言 葉 :日本語、英語オーケー
  • 印 象 :2人とも可愛いしノリが良い25歳
  • その他 :お酒大好きなテーメー嬢だけど酔っ払う
  • 成約内容:3,000バーツでロングコース(2日目も同条件)

 

初体験!!2日連続でロングコース。しかもダブルデート

 

ダブルデートのメリットとは…
  • そもそも日本語を話せるので会話は途切れることなく続きますが、4人で行動することになるので、会話がふつうに盛り上がる。
  • 気を遣わなくていいので、お互いが楽。間が持たないなら、それぞれ友人と話せばいいので

【1日目】

友人とテーメーカフェに入店後、美人2人組を見つけるや否や即声掛けしてロングコース成約!!

とりあえず、屋台でサクッとご飯を食べて、ルート66というバンコクで超有名なクラブで、2時ごろまでベロベロになるまで飲んで、ホテル(スクンビットスイーツホテル)に帰り朝まで、ご一緒しました。

 

ルート66ナイトクラブについては、こちらのサイトをどうぞ!!

ルート 66 ナイトクラブ バンコク - バンコク コム マガジン

 

✅バンコクナイトライフを楽しむための最も重要であると言っても過言でないホテル選びについては、こちらの記事をどうぞ!! 

 

【2日目】

昨晩と同じく友人とテーメーカフェに入店したところ、昨晩と同じ場所に朝まで一緒にいた2人組のテーメー嬢がいたので、流れ作業のごとくロングコース成約。

2日続けて、クラブもなぁ~ということで、テーメー嬢がオススメの日本人が経営している『Goldplus Bar &more』という日本人駐在員が御用達のカラオケ店(バーカウンターやビリヤード、ダーツ有り)でカラオケとビリヤードを楽しみました。

立地もいいし、雰囲気もいいし、何より日本人が経営しているので、日本人向けの店です!!超オススメですよ~

 

Goldplus Bar&moreについて、こちらのサイトを参考にどうぞ!! 

https://enjoy-bkk.com/?s=goldplus

 

このとき、たまたま日本人駐在員男女8人が合コンしていまして、そのなかのリーダー格であった某大手損保会社社員(当時30歳)から、現地駐在員はバンコクの夜、どこで遊ぶのか聞きました。

 

某大手損保社員「いやー僕たちは、ゴーゴーバーとかテーメーカフェとか、行かないですね。だいたい遊ぶなら、トンロー周辺(BTSトンロー駅)のカラオケクラブで遊びますよ。」

 

tad「ほほぉ~。例えば、なんていうお店なんですか?」

 

某大手損保社員「〇(漢字一文字)やetc…」

※色々と教えてくれましたが、シンハービール飲み過ぎのため全く覚えていません…

 

というわけで、覚えやすかった〇(漢字一文字)のカラオケクラブに行ってみるかということで、固い握手を交わし別れました。

 

その後、テーメー嬢とホテルに帰り朝まで一緒にいたことは言うまでもありませんが…

 

そして、翌日、某大手損保社員に教えてもらったカラオケクラブに行って、嫁になる方と出会うことになりました。

 

タイ人嫁と国際結婚できたのは、このテーメー嬢とのダブルデートがあったからなんです。本当に運命の出会いって、わかならいものですね~

 

まとめ

2日連続で同じテーメー嬢に行くことはどうなの?

って、思うかもしれませんが、それでも構わないってぐらい美人でしたし、日本語も話せるし、何よりダブルデートというシチュエーションがおもしろかったですね。

 

コミュニケーションをしっかり取れるという事は、それだけ密度の濃い時間になりますので、いい思い出になります。

何より、成約後、すぐにホテル行くという流れ作業ではなく、プロセスを楽しむことができるので、コミュニケーションを取れるテーメー嬢を選ぶことは超重要です。

逆に言うと、自分自身が英語やタイ語を話せたら、10倍増しでバンコクナイトライフを楽しむことができるということは言うまでもありません。

 

おしまい

 

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved