仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

【祝100記事目】借金400万の公務員がタイ移住したいためにタイ人と国際結婚中

サワッディーカップ!!

 

今年の3月からブログを始めて、ついに100記事目を迎えることになりましたtad(@tad20160724)です。

 

今回は一つの区切りという事で、改めて自分自身の現状そして、今後、何を目指しているのか初心に返った気持ちで記事を書きます。

 

目指す目標とは…
  • 借金完済
  • タイ移住
想定読者

借金があって絶望的な人、日本から脱出しタイに移住希望者

具体的には、下記のようなことを想っている方です。 

  • 若気の至りで借金を作ってしまい、毎月の給料のほとんどが借金の返済に消え、月末には返済した分を再度キャッシングやカード支払いで使ってしまうという、自転車操業状態で、正直人生おわったと諦めている
  • 日本の超堅苦しい空気に耐えられない
  • 〇〇ハラスメントだらけで、苦しい
  • 社員を潰してもなんとも思わない日本の社畜風土から脱出したい

借金があっても絶対に人生終わったりしません。でも日本はちょっと終わってる感があります。逃げるならお早めに

f:id:tad20160724:20180726223258j:plain

借金は、自力で返済するもよし。債務整理という制度を利用するもよし。

  • 借金が数百万あって、どうしようもない。
  • 何をするにしても自分に自信を持てない。

この気持ち、めっちゃわかります。

なんたって、今のtad自身が借金ありますから。

 

有利子負債 320万(当初320万※減っていない笑)

無利子負債 120万(当初200万※友人からの借り入れ

 

有利子負債の詳細の内訳については、この記事を参考にどうぞ

 

www.tad0724.com

 

 こんな火の車状態なので、未だにタイ人嫁とは一緒に暮らせていません。

まぁ、めちゃくちゃですよね。万が一、日本人嫁なら完全にアウトです。

そもそも入籍しているのに、別居ってどういうこと?って、なりますわね。

 

嫁には、借金のことをカミングアウトしていないので、毎月の借金返済による支出はマジで厳しいです。ほんまに遊ばなくなりましたね…

 

借金持ちの地方公務員6年目32歳の1ヶ月の収支状況をご覧あれ

収入 
  • 手取り  21万円
支出
  • 借金返済 11万円
  • 家賃    3万円
  • 通信料 1万5千円※高すぎ
  • 通勤費   1万円※1ヶ月ごとに定期券購入
  • 積立預金  6万円※嫁との共有口座で強制的に毎月積立

支出がオーバーしているので完全に赤字です。

そもそも食費や光熱費を計上していないし…

 

赤字の補填をどのようにするかというと…

そう、クレジットカードから捻出です。見事な自転車操業っぷりですね。

 

でもね!!

  • 積立預金(2017年4月~)が現在1,560,000円あるので、貯金するという体質は一応身についています。結婚式代の120万を支払ったにも関わらず貯めれています。f:id:tad20160724:20180726205056p:image
  • 金曜日、まっすぐ家に帰れるようになったので、無駄な飲み代の支出が無くなり支出がかなり減りました。

ふつうに借金なんてしたことない人は、読み飛ばしてもらいたんですが…

借金体質の人って、借金中毒状態なので、口座に金がなくても、クレジットカードの利用可能額があれば、限度額いっぱいまで使ってしまうんですよね。

これって、病気なんですよ。しかも精神的な病気です。

 

ふつうの人は、口座に金がないなら、引きこもります。何より借金するという発想がありません。

 

借金中毒状態から抜け出すためには、『このままではダメだ!!』という状況になる必要があります。(自発的に改善することは、tadの経験上無理です)

そんな状況になるのって、人生で数えるぐらいしかないと思います。

tadは、その状況がタイ人嫁との国際結婚だったのです。

自分ひとりなら、どーでもいいですが、嫁の人生を預かるわけです。

マジで、死に物狂いでなんとかしないとアカンって気持ちになるわけですよね。

 

特に結婚式のときに嫁と嫁のご両親とのやりとりで、二人とも涙されたときは、ほんまにちゃんとせなアカンって、気持ちになりました。

(タイ語でのやりとりなので、内容は不明ですが…)

この時のことを思い出すと今も胸が引き締まる思いになります。

 

結婚するときに、tadの母親からLINEで送られてきた諺(ことわざ)がすごく身に染みたので、みなさんにも共有したいと思います。

 

一人口は食えぬが二人口は食える

生活費は夫婦で暮らすほうが、独身でいるときよりも余裕ができることにたとえる。独り身のときは無駄な金などを使って不経済になることが多いが、夫婦で暮らすようになると、家計を引き締めて切り盛りするから、むしろ生活が楽になるのであろう。

〔類〕二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬ
〔会〕「おまえ、今のような安月給でよく結婚に踏み切ったな」「ほら、昔から一人口は食えぬが二人口は食えるっていうじゃない、なんとかなるもんだよ。それにぼくの奥さん、しっかり者だから」「おやおや、おのろけかい」

 一人口は食えぬが二人口は食える | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス(出典)

 

自分のことしか考えてないようですけど、初めて自分以外の人のために真剣にならないといけないって、思いました。

 

「結婚するなら嫁を養っていけるように貯蓄してから結婚しろや」というコメントをいただきそうですが、借金があるからって幸せになることが許されないということはありません。

これは、借金持ちの勝手な論理ですが、過去の借金を今さら悔いても仕方ないので、未来だけを見ていきましょう。

 

借金中毒から貯蓄体質に変わりましょう。

結婚などのビッグイベントがあれば、絶対に人間、変われます。

 

もし、立ち直れないような金額の借金がある人は、迷わず債務整理するべきです。

債務整理するか否かの一つの目安として、借金返済のシミュレーションをして8年をオーバーする結果がでたなら、債務整理という制度を使いましょう。無駄な利息を払っている場合ではありません。

 

なぜ8年なのか

tadのようなクレジットカード利用による多重債務者は、債務整理のひとつである任意整理という方法を利用することが一般的です。

 

ざっくり任意整理を説明すると…
  • 利息の支払いが原則なくなる
  • 借金の元本を原則3年間で返済する
  • 借金完済後、概ね5年間ブラックリスト入りする

つまり借金返済期間の3年間およびブラックリスト掲載期間の5年間のトータル8年間、足かせがついた状態になります。

いずれにしても借金返済シミュレーション結果が8年超ならば、任意整理するかどうかも含めて弁護士に相談することを強くオススメします。

 取り返しがつかなくなる前に、ちゃっちゃと動きましょう!!

そうや法律事務所

 

タイ移住したけりゃ、タイ人と国際結婚しようぜ

最近、マジで思います。

日本ヤバくない?

ほんまに死ぬまで日本で生活することって、地面に這いつくばって生きていくことになるんちゃうかな?

 日常のライフスタイルから見えるタイ人の気質

tadは、タイ人嫁とその家族や友達とリアルタイ王国生活を2ヶ月に1回ペース(だいたい4泊5日)で、満喫していますが、ド平日の夜遅くまで、市場でごはん食べながら談笑してるんですよね。

みんな、楽しそうにペチャクチャしゃべっています。常夏の国であるタイならではの気質であり日本にはない気質です。

 

このゆる~い感じがとにかく好きです。

 

結婚前に、一緒にタイ旅行した日本の友人は…

「こんなテキトーな奴らあかんわ!!性根をたたき直してやりたいわ」

と、ご立腹でしたので、こればっかりは合う合わないがあります。

 

テキトーでゆる~いtadの性格上、タイ人気質はサイコーに合います。

まじで、このようなタイを終の棲家にしたい!!そういう強い想いがtadを突き動かし…

 タイ人と国際結婚しました

 

f:id:tad20160724:20180726223447j:plain

打算的だけどタイ人嫁の家庭環境をしっかり見極めろ

tadのタイ人嫁は、正直がっつり富裕層です。ゆえに教養もあり誠実です。

だから、迷うことなく結婚に踏み切ることができました。

愛があれば、なんでもできるなんてことはなく、基本双方の家がそれなりに経済的に豊かでなければなかなか厳しいものがあります。

 

仮定の話ですが、彼女の家がどちらかというと貧しい家ならば、国際結婚するのは、ちょっと踏みとどまって、冷静に考えたほうがいいです。

 

というのも、タイの基本的な国民性として、【共助】の意識がめちゃくちゃ強いです。

悪く言えば、家族間の同士なら助けてもらえることが当たり前というような考え方なのです。

 

例えば、タイ人嫁の従兄弟の家庭が貧しくて従兄弟が大学に行けない。なんてときは、当然のごとく、金銭的援助を求めてきます。日本なら気が引けてお願いしづらいでしょうが、ここは本当に文化の違いなんでしょうね。マジで金銭的援助を求めてくるそうです。

 

※日本は、【公助】の意識が強いんですよね…

つまり市役所等の公共に助けを求めるのです。これはこれで、かなりやばいですが…

この辺については、また記事にします。日本沈没のカウントダウンはすでに始まっていますからね。

 

実際、タイ人嫁の妹の旦那(tadから見たら義理の弟)とその父親で経営している会社が業績悪化のため資金繰りが苦しくなった時、tad嫁の父親が100万バーツ(約330万円)を援助していましたからね…

しかもこういった援助は1回だけではないみたいです。

 

タイ人と国際結婚する際は、配偶者ビザというかたちでもれなく永住できる資格を得ることができますが、一歩間違えたら、タイ人配偶者サイドの面倒を一生見なければならないというリスクがあることもお忘れなく。

 

だからね!!結婚前にタイ人サイドの家族構成や経済力などきっちりと理解しとかないと後でえらい目に遭うということもあり得るのです。

打算的と言われかもしれませんが、これが現実です。タイ人との結婚は、ボランティアではないのでね。

 

その辺の問題ないと判断できたら、あとは、国際結婚に向けてひたすら突っ走りしましょう。

 

タイ人と結婚するのに何が必要なの?

・経済力(500万円は必要)

・婚姻の手続きは思ったより簡単

・タイ語を勉強しよう

 

経済力

これは、結納金と言い換えることもできます。

タイは、日本以上に家族愛ハンパないです。しかも愛とか抽象的なことでなくもっと形としての愛情表現が必要です。つまり【金】です。

 

タイ人女性と国際結婚するなら、100万バーツの結納金は必要です。

 

日本ならあり得ない額ですが、この金額がタイにとって相場ですね。

tadは、200万バーツの結納金を支払うようタイ人嫁から言われました…さすがに、借金野郎のtadととしては、そんな金を1年間で用意できるはずもなく結納金はいまだに未納状態です(笑)

そもそも結婚式代の120万円を用意するだけで限界でしたからね…

 

国際結婚手続き

手続きは、案外簡単でしたね。

ググれば、なんとか自分の力だけで必ずできます。間違っても行政書士などに依頼しないように。(金が有り余っているなら別ですが…)

参考にさせてもらったサイトを紹介します。

参考にしてみて

領事関連情報 : 在タイ日本国大使館ウェブサイト

 ※在タイ日本国大使館のオフィシャルサイトなので、間違いなしです。

 

f:id:tad20160724:20180726223655j:plain

タイ語の習得

教養のあるタイ人なら基本、英語を話せるので、コミュニケーションを取ることに支障はあまりありません。

ただね、50代以上のご年配の方ならタイ語しか話せないって人ばかりです。

tadも嫁の親御さんとはほぼコミュニケーション取れずにいる状態です。

また、タイ人は親戚付き合いが日本以上にめちゃくちゃあるので、タイ語を話せないなら完全に浮きます…

別に浮いているからって、どうかなるわけではないんですが、やっぱり家族や親戚とコミュニケーション取れた方がいいに決まってます。

そのためのツールとしてタイ語は必須です。

ほんまにタイ人って親戚付き合いがめちゃくちゃあるので、親族たちと仲良くすることは非常に重要ですね。日本みたいに親戚付き合い面倒やなーみたいなことは皆無です。

 

結局のところ、経済力とタイ語を話せたらタイ人側の親族と円満に暮らせること間違いなしです。

 

まとめ

借金があっても人生なんとかなります。自力で返済するもよし、債務整理という制度を利用し借金をチャラにするか減額するでもよし。

借金は、なんとでもなりますが、日本の終わってる感は日本にいる限り自力でどうにかできるものではないですよね。となれば日本から脱出するしかないです。

tadとしては、バリバリタイ推しですが、アジアでもアフリカでも行きたい場所に行くのは大アリです。

むしろ、今後は世界を飛び回った経験が重宝される時代になると思います。

日本しか知らん、日本人のコミュニティしか経験したことない。

こんな自発的鎖国状態の人は、グローバルの時代のなかで、完全に生き辛くなっていくでしょうね。

ほんまに世界に飛び出して、自分の肌に合った国で暮らしてみましょう!!

明るい未来がきっと待ってるはずです。そして、住みたい国に長期滞在するためには、その国の方と結婚すれば、かなり暮らしやすくなります。

tadの肌に合った国がたまたまタイだったんですが、みなさんはそれぞれご自身に合った国を見つけてください。

色々と旅をするなかで、やっぱり日本がいいという結論に達したらそれはそれでもちろんオッケーです!!

 

おしまい

 

 

 

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved