仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

タイ移住〜タイ人の人柄が半端なくいいんだよ!!〜

サワッディーカップ!!!

tadっす!!!

 

4月20日は、待ちに待った給料日です。

※ほんまに待ちました…ポイントカードでのポイント支払いのためにコンビニを巡る必要がなくなるから、ほんまに給料日を待ってたんですよ…死活問題!!!

 

でもね…

いろんな支払いで…

f:id:tad20160724:20180420224412p:image

 

f:id:tad20160724:20180420224430p:image

 

 

f:id:tad20160724:20180420224444p:image

 

f:id:tad20160724:20180420224459p:image

 

残高110円!!!

おっっしゃ!!!今月も自転車操業や!!!

つまりキャッシンGOOD

 

まぁ、いつものこということで、切り替えましょう!!!

不安がってもしゃーない!!

 

ほな、いつもの調子で今日の記事に行っきましょう!!!

 

タイ移住プロジェクトの重要な要素、タイ人の人柄について

 

新しい環境に身を投じるということは、新しい環境に住んでいる方々と一緒に生活せなあきませんわね〜

 

じゃあ、タイ人って、どんな人柄なの??

 

tad的、考察

 

結論から言うと…

 

 

タイ人は、めっちゃ良い方々です!!!

f:id:tad20160724:20180420225921j:plain

 

やはり、仏教国タイ!!!

タイは、信仰の自由が保障されているし、社会的な強制もないですが、タイ人の95%が仏教を信仰しているっていうデータがあるんだって。

もちろん、嫁の実家にも仏さんがどの部屋にも置いてあります。日本の住宅で仏さんが至る所に置かれていれば、怪しい宗教に染まっているヤバイ奴って思われるかもしれませんが…タイでは当たり前の光景ですね。

 

タイで信仰されている仏教って、日本の仏教である中国大陸経由で伝わった大乗仏教ではなく、南方スリランカ経由で伝わった上座部仏教なんですよね。

この上座部仏教の特徴は、名前のとおり「上座の人(出家している人)」だけが救われることにある。出家しないと救われないので、人はこぞって出家する。タイに行くとあちこちでオレンジ色の僧服を着た僧侶を目にするのはこのためだ。しかし、出家すると仕事ができないし、子どもや女性は規則によって出家できないため、かわりに喜捨=タンブンを行って救いを求める。

※タンブンとは、「徳を積む」の意味。喜捨や寄付などすべての恵みの行為や善行はタンブンとなる。

与えれば与えるほど救いの道が開けるので、人々は生活に少しでも余裕があると喜捨を行う。タイ人が困っている人間に親切なのは、わけ与えることによって救われる上座部仏教の精神が生活に根づいているからだ。

 

出典:新・金なし、コネなし、タイ暮らし!(ゼロからはじめる異国生活マニュアル)

 

新・金なし、コネなし、タイ暮らし! (ゼロからはじめる異国生活マニュアル)

新・金なし、コネなし、タイ暮らし! (ゼロからはじめる異国生活マニュアル)

 

 

f:id:tad20160724:20180420231021j:plain

 

※タイでは、毎朝上記のような光景を見ることになります。

 

上座部仏教について、引用させてもらいましたが、タイ人の施しの精神というのは、根底には、上座部仏教の教えがあるんでしょうね。

特にタイの方々は、家族(姻族含む)をごっつい大切にするんですよ。

彼氏の親の兄弟の子供が困っていたら、日本では「大変だね~」って言いながら何もしませんが…タイでは、何かしらの援助を行うんですよ!!この辺りは日本人的な感覚でいくと理解しにくいんですが、この価値観を理解できなければ、タイ人の家族の一員となったときに苦労するんでしょうね~

タンブンの精神を理解しよう!!!

結納の際、タイ人嫁のご両親に200万バーツ(約650万円)を結納金としてお渡しするってことも、育ててくれた両親に対する感謝を表すという意味で何が何でも実行したいんでしょうね。そして、老後の生活が困らないようにという意味も込めてのお金なんでしょうね。要は、娘をくださいという意味合いよりは、ご両親の今後の生活のためにお渡しするお金っていう意味なんだと思っています。

だから、くれぐれも「日本人配偶者から金をふんだくれ」ってことでは決してないですよ!!

※かく言うtadも最初は疑心暗鬼でしたが…tadの両親というか母親は未だに疑いってそうですが…

タンブンの考え方を理解せずに、誤った認識でいると、金持ちにたかるって感覚になってしまうんですよね。もちろん一部には富裕層(日本人?)から金をだまし取ってもええんや。富める者から奪い取って何が悪いんや。みたいな人もいるでしょう。しかし、そんな輩は、ほんの一部なんですよ。大多数の人は遠慮するし、悪意を持って金持ちから金を盗ってやろうなんて考えを持っていません。

もちろん、夜の街を徘徊する人々は、富める観光客や外国人から金を巻き上げるぞ!!って意気込んでいる人が多いですが、一般の普通に暮らしている方々で、そのような危険な考えを持っている人は、ほんまにいない!!!っていう印象です。

ちなみに嫁の家族はtadに対して本当に親切ですし、家族の一員としてちゃんと受け止めてくれているんですよ!!

tadは幸せ者です。人との出会いだけには恵まれているんですわ~

最も恐ろしいのが、嫁ですね…

結納金の支払いに右往左往しているtadにかなりイラついておられますので…

 

だからね…嫁の家族のためにがんばって、お金を稼ぐぜーーーー!!!!

さぁて、そのためにどんな価値を皆様に提供しようかなーー

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved