仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

仕事ができる上司を見たとき、自分の人生を考えた

f:id:tad20160724:20180613002850j:plain

 

サワッディーカップ!!

 

職場で階級が上がったのに、昇給額が月額7,000円で絶望しているtad(@tad20160724)です。

 

久しぶりに社畜についての記事を書きます。

 

この記事は社畜人間として毎日が仕事で忙殺されている方に向けたものです。

 

責任感が強く仕事ができる上司を見て思った、早く脱出しないと社畜人生になってしまう

 

どれだけがんばっても、自分に返ってくる給料はたかが知れています。

労働者とは雇われている身であるので、雇い主の一存で給料を増減される不安定で弱い立場です。

弱い立場であるため、馬車馬のように働かされます。

ゆえに社畜と化します。

 

この構図は資本主義社会の必然ですが、何とかこの構図から抜け出すことができないか、考え続ける必要があります。

これを放棄したら、もれなく社畜確定です。

 

そんな社畜なりたくない。

しかし、このまま何も変わることなく毎日出勤し続けると自分も上司と同じく仕事に人生を支配されてしまいます。

 

社畜サラリーマンの常識とその常識から逃れるための対策

 

・家族との予定より仕事を優先という常識

お盆やクリスマスなど子どもたちがワクワクするとき、定時で帰れば大バッシングを食らう。

「みんな、帰りたいけれど仕事しているのに、なんであいつ定時に帰ったんだよ。」みたいなのよくありますよね。

この異常な思考回路が当たり前になっているのが社畜サラリーマンです。

 

【対策】

自分の時間や家族との時間を優先すること。

そのためには出世を諦めること。

そしたら定時退社する精神的重圧から少し解放されます。

ほんまに精神的にきついならうつ病の診断を受けて、休職するのもありです。

 

もう頑張らなくていいんですよ。

最低限のことさえやればいいと思います。

家庭を犠牲にして、出世して年収100万増やすことにそこまでメリットを感じられないです。

無理しているなら、今の働き方を見直すべきです。

そして、体が悲鳴をあげているレベルに達したら…

※例えばこんな症状

・夜うなされる

・胃がキリキリする

・胸の締め付け

・朝、体が動かない

tad自身、前職の銀行員時代に経験しました

 

精神科医に行って、うつ病の診断を受けて休職するのもありです。

また休職経験者となれば、職場に復帰した際も病人扱いされるので激務な部署に配属されることもありません。

いい選択肢だと思います。

もちろん出世の道は絶たれますが…

 

・残業するなら有休取るなという常識

 

こういう考え方をする職員がいると大変ですよね…

こういう輩がいるからブラックな職場になっていくんでしょうね。

しかもタチが悪いことにこういった考えを持つ職員は、プライベートが全然充実していない傾向にあります。

つまりこの人種は暇人なんです。

 

【対策】

単刀直入に言います。

残業しないに限ります。

アフター5を充実させてこそ、人生が充実するものです。

1つ目の対策と同様に定時でパッパッと帰りましょう。

そして、出世コースから外れて責任感のないルーティンワークをこなして、夜は仕事を忘れて趣味や副業、家族と共に過ごすなど仕事に支配されない人生を歩みましょう。

f:id:tad20160724:20180613002548j:plain

 

 

・VIP扱いされる外部の人間に振り回される

 

出世してしまうと責任が重くなります。

そして、責任の重さに比例して相手にしなければならない輩のレベルが上がります。

こういったモンスターを相手にすると寝ても覚めても、モンスターが頭から離れないので心が病んでしまいます。

 

【対策】

出世しないに限ります。

ストレス耐性に自信がない人は出世するべきではないです。

万が一、出世しても精神的に病んで終わりです。

病むきっかけとなるのが、モンスター客の相手です。

VIPになればなるほど、モンスターレベルは増します。

 

tadが勤めている職場でも超VIP扱いされている外部の人間がいますが、こういう方は無茶な要求をしまくるので、職員は振り回されます。この負のスパイラルにはまってしまうと脱出できませんから、最終的に潰れてしまいます。

 

もちろんモンスターなので痛くもかゆくないんでしょうね。

何も感じていません。

こういう輩とは最初から関わるべきではないのです。

つまり、出世しないことが平穏なサラリーマン生活を送れるカギになるのです。

 

・仕事や責任は増える一方なのに、給料は増えない

 

これは出世うんぬん関係なく全サラリーマンに言えることではないでしょうか。

経費削減のため人員を削りまくる風潮に現代日本はあるので、一人当たりの労働量は当然増えますよね。

にもかかわらず、給料は増えません。

さらに言うと、ひと昔前と比較して給料は減少しています。

もう異常事態です。

 

【対策】

サラリーマン生活を辞めて、自分で価値を生み出せる人間になるしかないです。

社畜化するサラリーマンに明るい未来はないです。

自分の時間はない。金もない。

めちゃくちゃです。

社畜としてボロ雑巾になるまで働いて人生をまっとうするぐらいなら、社畜サラリーマンを辞めるのも1つの手だと本気で思います。

 

「辞めてどうするの?」必ず言われる言葉ですが…案外人間なんとかなるもので食いっぱぐれることはないでしょう。

それより自分の時間を最大限に活かして何か新しい価値を生み出すために努力する方が人生有意義じゃないですか?

 

まとめ

 

人が死ぬ間際に思うこと第1位って、何か知っていますか?

それは、【周りの目を気にせず、もっとやりたいことをやればよかった】です。

 

果たして、社畜化したサラリーマン達は、勤めている会社のオーナーや株主のために働くことがやりたかったことだ!!と思っているのでしょうか?

 

んなわけないですよね。当たり前です。

強欲な他人のマネーゲームのために自分の人生擦り減らすバカはいません。いたら変態です。

 

社畜サラリーマンとして、このまま人生を送っていいのか悩んでいる方は、ちょっと立ち止まって考えるのもいいんじゃないでしょうか?

 

tadは、いつでも辞められるように英語とタイ語だけは勉強し続けています。

トリリンガルなら何か面白いことができるんじゃないか?と考えています。

 

社畜が嫌なら、スパッと辞めましょう。

後悔する前に。

www.tad0724.com

 

おしまい

 

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved