仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

公務員の給料日からの借金返済

サワッディーカップ!!

tadです!!

 

いやー、1ヶ月ぶりの給料日です。(当然やけど)

長かった〜

久しぶりに、現金を財布につっこんで、松屋にでも行くぞ。っと思ったんですが…

 

 

f:id:tad20160724:20180321232633p:image

 

はっ?

 

いやいや、生活できひんやん!!

というか、カード返済とか通信費の支払いできひんやん!!!

 

そうです。これが借金王たる所以です。

圧巻の残高!!

 

15,704円也!!!

 

月々の支出一覧

 

f:id:tad20160724:20180322004901p:plain

 

こんな感じです。まぁ、多少の増減はありますが…

うーん

収入と支出のバランスがおかしいですね。

この差額分の埋め合わせをカード返済したその日にキャッシングとして引き出すんです。

これを俗に自転車操業といいます。

いやー、一度は掴みかけた栄光の「完済」やったんですが、こういう時に限って運命の出会いなんてもんが訪れるんですね。「事実は小説よりも奇なり」なんて言いますが、ほんまにその通りです。ことわざって、本当に世の真理を突いているなーって、つくづく思います。

とまぁ、こんな収支で毎月を過ごしているんですが、このままの状態を続けるわけには当然いかないわけで、どのようにしたら家計が改善されるのか…

 

交際費の根絶

 

やはり、交際費(費目では遊興費)を削るということが、もっとも現実的な手段ですよね。その辺については、以前にもブログに書きましたが、よりつっこんで考えてみたいと思います。

 

thaimarriage.hatenablog.com

 

そもそも交際費という名の飲み会代を支出することについてなんですが、

  • 金ないなら、飲みに行くなよ
  • せめて一次会で切り上げろよ
  • 嫁が悲しむよ
  • 大人な飲み方しろよetc

ありがたいご意見をちょうだいするんですが…それができれば、こんな借金地獄には陥らないわけなんですよね。

 

このtadの飲み会好きによる借金ロードを突き進むという「性質」を強引に変えなければならないのです。

 

このような良く言えば個性、悪く言えば悪習である借金あるのに飲み会に行ってしまうtadの性質を変えるには、やはり先の結婚したという事実を強烈に意識して日々を生きていくということが重要なのでしょう。

 

1人の女性が自分の一生を任せると信じて、tadと結婚してくれたこの事実を強烈に意識して生きねばならない。と日々、自分自身に言い聞かせる。

そうすれば、飲み会の誘いについて参加するか断るかを自ずと判断できるはずです。

 

孤独を受け止める

 

一時の快楽を取るか、快楽を取らないことによる孤独を受け止めるか。

誘いを断るときは本当に心苦しいですが、嫁との将来のためにも一時の孤独を受け止めなければならないんです。それが結婚してくれた嫁に対する愛の証(はずかしい〜)なんです。

というか、世間の既婚男性は、そんな当たり前のことを当たり前に行なっています。本当に一家の大黒柱としての責任を見事に果たしているなぁ〜と改めて感じさせられます。

tadは、借金地獄真っ只中のため、そのような方々の足元にも及びませんが(謙遜ではなくほんまに及びません)嫁との未来のために飲み会を断り孤独を受け止める努力をしていく所存です。(借金ないって嘘ついているのに当たり前だろ!!)

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved