仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

32歳借金持ちのサラリーマンがタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

タイ人女性との国際結婚で必要だった費用(結納金額、婚約指輪代、結婚式場代など)をまとめた。

サワッディーカップ!!

tad(@tad20160724)です。

 

本記事は、国際結婚する!!国際結婚したい!!けど、実際、どれぐらいの費用がかかるのか、わからん!!と、悩んでいる方のために国際結婚経験者のtadが伝えるものです。

それでは、行きましょう!! 

 

想定読者

国際結婚する予定の方。

特にタイ人女性との国際結婚を考えている方。

前書き

タイは、結納金がけっこうな金額になるって聞くし、婚約指輪とかいくらぐらいが相場なのかな?ほんで、極めつけは、結婚式場や披露宴会場の費用ってどんなもんなのかな??

検討もつかね~

 

タイ人女性との国際結婚は、日本人女性と結婚する以上に、お金が必要です。

 

f:id:tad20160724:20180731211825j:plain

 

国際結婚に必要なお金をまとめたよ(あくまで直接的な費用のみです)

f:id:tad20160724:20180730214909j:plain

 

 



1 結納金

日本人男性がタイ人女性と結婚する場合、結納金の相場は100万バーツ(約330万円)。しかし、tadは、嫁から「結納金は200万バーツ(約660万円)と言われました。

tad「に…200万バーツ!!?」

嫁 「そうよ。タイスタイル。払ってね。」

 

tad絶句…

 

タイ人女性と国際結婚する日本人男性の結納金額は、だいたい約100万バーツみたいですが、やはりtadの嫁は、裕福な家庭であるため、平均結納金額より高い金額を提示されました。

 

ちなみに、tadは結納金を謎の分割払い中です…まぁ、きっちり払うことができたら、なんでもいいのかな。この辺りは、タイスタイルですね。

ちなみに、結納を行った際の詳しい状況ですが…

  • ちょっとの高めのタイ料理レストラン(料理はおいしかった)※2階建てで2階を貸し切り
  • 嫁側のゲストは、約60人
  • tad側のゲストは、tad、父、母の3人
  • レストランでの食事代は8万円
  • 結納後、親族一同と一緒に結婚式場探しのためにホテルを3件回る。※タイスタイルです。日本ではあり得ないでしょ。

 

 
タイで結納を行う意義

 親族一同の前で新郎が新婦側の方々に対して、大切な娘を育て上げた感謝の意味を込めて、現金やゴールドなどの金品を贈ることは、もちろんですが、それ以上に新郎側の経済力を計るいわゆる【テスト】ような意味合いがタイの結納にはあります。

新郎の社会的地位などで結納金額は定められますが、新郎が外国人となろうものなら、それなりの経済力を持っていないと新婦側(特にご両親)も安心して娘を渡せないという思いがあるので、びっくりするような結納金を贈る必要があります。

日本人の庶民の感覚からしたら結納金の平均が330万円!?(tadは660万円…笑)って、騙されているんちゃう!?って、思うところですが、タイの結納としては、決して「ぼったくり」っていうわけではありません。

くれぐれも、日本の常識がタイでも通用するとは思わないでください。 

 

また、タイ式結納のことを詳しくまとめた記事を書きます。

2 婚約指輪

婚約指輪の金額ですが、tadの場合、サイアムのショッピングモール【MBK】で購入したダイヤの指輪5万バーツ(約16万円)です。

ちょっと、安いぞ…

※婚約指輪は嫁の指定です。サプライズで婚約指輪を渡すより、一緒に宝石店に行って指輪を選ぶ方がいいと思います。ちなみに、嫁は大満足していました。

 

tadは日本的な考え方をしていまして、婚約指輪の相場は月給の3倍という想定をしていました。しかし、月給の70パーセント程度の金額だったので、助かりました。

✔ ワンポイントアドバイス

 宝石や貴金属類は、タイで買った方が安いです。これは明らかです。

多分、人件費が安いんでしょうね。

 

3  結婚式および披露宴費用、二次会代、レンタルドレス代や前撮り代等々

結婚式場代および披露宴代は、70万バーツ(約230万円)でしたが、嫁と折半することになったので、40万バーツ(約130万円)でした。

 

結婚式会場

www.agoda.com

 

このホテルで式を挙げましたが、規模はめちゃくちゃ大きかったですね。日本で同規模の結婚式を挙げたとしたら、500万円では済まないだろうなぁ〜って、tadの友人は言っていました。

ちなみに、日本のように出席者からご祝儀をいただく文化がないので、ほぼ丸々実費負担です。(一部の親族からお祝いはいただけますが…)

これが、タイスタイルです。

この70万バーツのなかに、レンタルのドレス代やタイでの前撮り代は含まれています。この辺りの段取りは全て、嫁にやっていただきました。

 

結婚式の出席者ですが…

  • 嫁側の出席者数は、約300人程度
  • tad側の出席者数は、両親と友人の計20人

新郎新婦での出席者数の比率が、まさかの【15:1】です。

日本みたいに極力同じような人数比にするなんて、考えは一切ございません。タイスタイル!!

二次会代

3万バーツ(約10万円)でした。

嫁側のゲストは、約40人

tad側のゲストは、18人

 

新郎側と新婦側の人数比は、おいといて、まぁまぁこんなもんですかね。

まとめ

結納金以外は、日本よりタイのほうが費用は安いですね。ただし、規模が大きいので、どうしても費用は膨らんでしまうので、結局お金がかかります。

まぁ、一生に1回のビッグイベントなので、あまりお金のことは気にせずに諸々のプランを考えたいですよね~

結納金を除いた国際結婚関連の費用である約165万円(tad負担分)は、2回のボーナスと仮想通貨Rippleの爆上げによりサクッと払うことができました。

そして、現在…結納金を嫁のご両親にお贈りするために日々節約に励んでいます。

 

結論!!タイ人女性との国際結婚に必要となるお金は…

約820万円でしたーー!!

た、た、高いよぉぉぉぉぉ…

 

 
タイ人女性と出会い~結婚までの記事

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved