仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

34歳1300万円の借金持ち公務員がタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

タイ旅行ではAIS(タイの携帯電話キャリア)のsimカードが安いし便利

タイ旅行にはAISのsimカードでストレスフリー

 

タイ人嫁の実家であるバンコクへ年に5回ぐらい帰省するんだけど、今回初めてレンタルポケットwi-fiでなく、AIS(タイの携帯電話キャリア)のプリペイドsimカードを利用してみたけど…

 

めっちゃ良かったので、記事にしました!

 

 

結論をサクッと先に言うと…

 

日本でプリペイドsimカードを購入してから、タイに行こう!ってことです。

 

現地で購入するより日本で購入した方が安いですよ!

 

 

 

 

 

✅商品説明の引用です。

 

●カバーエリアが広いので、繋がりやすく、タイの地方に行く人にもオススメです!  

●タイにてSIMカードを挿入し、開通後8日間4Gまたは3Gデータ通信が使い放題で利用できます。追加料金はありません! ※8日以内にデータ通信量が3GBを超えると384kbpsへ速度制限がかかりますが、384kbpsの通信速度でもLINE等のSNSやメールなどストレスなく利用可能です。

●Amazon倉庫からの発送となります。

●100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本携帯への国際発信約16分)の通話付きで大変お得です!

●SIMサイズ:標準、micro、nanoサイズ対応 

●周波数帯域:【4G】2,100MHz 、【3G】900MHz、2,100MHz  

●日本語マニュアル付き ※SIMの有効期間は2020年4月末迄です。  ※延長・チャージ方法に関してはサポートが難しい為、弊社では推奨しておりません。 ご案内は出来かねますのでご了承下さい。  

■2015年からタイの法改正によりプリペイドSIMの利用にあたって、パスポート情報の登録が必須になりましたが、2016年7月1日より弊社の法人名義で登録出来るようになりましたので、パスポート情報は不要になりました。

 引用元:AIS タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信 100分無料通話つき

 

 

  • 8日間で3ギガ
  • 470円

 

 

  • 標準SIMカード(iPhone3G)
  • microSIMカード(iPhone4)
  • nanoSIMカード(iPhone5以降)※主流

 

上記の各サイズに対応してますので、幅広く利用できるsimカードですね。

 

下の写真は、nanoSIMカード∔microSIMカード用の囲み

 

AISのsimカード見本



 

tadは、iPhone7ユーザーですが、めっちゃ良かったですね。

 

 

 

デメリットというか、要望としては、simカード交換用のピンを自分で用意しなければならないことですかね…

  

事前に用意できれば、機内でAISのsimカードを入れ替えし、タイに着けば、【AIS 4G】の電波がスマホ画面の左上にありますよ!

 

設定は超簡単です。

 

AISのsimカード説明書



 

 

【注意】

iPhoneユーザーは、設定の際にApple IDとパスワードの入力が必須ですよ!

※アンドロイドについては分からないですが、まぁ、IDとパスワードが必要でしょうね…

 

仮に、交換用のピンを忘れたとしても制限エリアを出ると、simカードの店が何軒かあるので、そこでピンを借りれば問題解決ですね。

 

ちなみにtadは交換用のピンがないことに機内で気づきました…

 

simカード交換ピン



 

 

英語やタイ語が全く分からないとしても、simカード交換ピンを差し込むところを指で指しながら、困った顔をすると、店員はすぐに察してくれて開けてくれますよ!

 

 

 

とまぁ、こんな感じで当記事のネタ全てを書きましたが、一応、本文に行きます!

 

 

 

SIMフリースマホを保有してるなら、プリペイドsimカード購入しよう

 

AISのsimカードでストレスフリー、便利



 

 

SIMフリーのスマホを保有してるなら、海外旅行では、プリペイドsimカードを購入することをオススメしますね。

 

 

tadは嫁がタイ人であるので、2ヶ月に1回程度のペースでタイに行きますが…

 

これまで某会社のレンタルポケットwi-fiを利用してたんですよ。

 

SIMフリーのスマホじゃなかったんで、仕方なくポケットwi-fiを利用してたわけです。

 

 

しかし、iPhone7をソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えたことに伴い、SIMフリースマホと化したんですね!

 

もっと早くSIMフリー化すれば良かったと後悔してますが…

 

 

ほんで、生まれて初めてsimカードを購入したんですよ。

 

もう、感動ですね!

 

  • 手荷物が減る
  • 価格は安い
  • 価格の割にデータ通信量は多い

 

 

なんやねんこれ…

 

今までのポケットwi-fiの手間、何やってん?

 

 

これが、率直な感想です。

 

下記は、tadの主観ですが、いかにポケットwi-fiがデメリットだらけで、simカードがメリットだらけなのかをツラツラ書いていきますね。

 

あくまで、ポケットwi-fiとsimカード、どちらも利用したからこそ分かるtadの個人的な意見です。

 

 

ポケットwi-fiは、正直、邪魔だ

 

正直ね、tadが利用していたポケットwi-fiは、AISのsimカードと比較して…

 

  • 価格が高い

➤4日間1,680円(AISのsimカード8日間470円)

 

  • データ通信量が少ない(コスパが悪い)

➤1日600メガ(AISのsimカード8日間3ギガ)

※データ通信量が多いプランにすればいいけど、価格は上がるので良くないです。

 

●写真貼り付け

 

そんな違いがあるけど…

 

 

何よりね、常にポケットwi-fiを持ち歩かないといけないのが、めんどくさい!

 

これは、超デメリットですよ。

 

タイ旅行に行くなら、夜遊びもするでしょう。

 

そんなときはカバンとか無しで、ポケット内には

 

  • 財布
  • スマホ
  • パスポート

 

この3点をズボンのポケットに入れて夜の街に繰り出したいところですが…

 

これに、ポケットwi-fiがプラスになると、邪魔です。

 

tadは、これが面倒で仕方なかったですよ。

 

 

そんなデメリットをsimカードは解決してくれますよね。

 

スマホに取り込むんだから。

 

 

ポケットwi-fiの充電は、めんどくさい

 

荷物になることの次にめんどくさいのが…

 

充電です。

 

 

泥酔してホテルに戻り、充電し忘れて寝たらおしまいですよ。

 

充電するだけですが、これが地味に手間なんですよね。

 

わがままですが、手間は手間です。

 

 

simカードなら、スマホを充電すればいいだけですから、手間が1つ省けるわけですよ。

 

こういうちょっとしたことも、実はかなりのメリットになりますよ。

 

 

AISのsimカードは、470円とお手頃価格

 

価格については、説明不要ですね。

 

シンプルに安い。

 

 

まぁ、1,000円程度の違いですが…

 

でかいと言えばでかいですな。

 

あえて、めんどくさい方に割高な金を払う必要はないと思うので、価格的な意味でもAISのsimカードに軍配が上がりますね。

 

 

AISのsimカードは、データ通信量が3ギガとコスパがいい!

 

データ通信量が3ギガってどない?

 

って感じですが…

 

動画を見なければ基本使い切ることはないですね。

 

 

動画見たいならホテルやフリーwi-fi飛んでるところでなんぼで見たらいいんですよ。

 

というわけで、3ギガあれば3泊4日程度の旅行だと余裕で事足ります。

 

データ通信量3ギガで、470円ですからね。

 

コスパいいですよ!

 

 

タイに旅行するなら、AISのプリペイドsimカードで、ストレスフリーになろう

タイ旅行にはsimカードが必須アイテム



 

 タイ旅行を計画してるなら、スマホが使えないと話になりませんが…

 

そんなときは繰り返しになりますけど、プリペイドsimカードをtadはオススメしますね。

 

 

自分で使って単純にめっちゃ良かったんで、紹介させてもらってますが…

 

レンタルポケットwi-fiにはもう戻れませんね…

 

 

ポケットがかさばるのが面倒やし、いちいち充電せなあかんし…

 

やってられん!

 

 

というわけで、タイに行くならプリペイドsimカードを日本で購入してから、タイに乗り込みましょう!

 

 

 

おしまい

 

 

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved