仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

34歳1300万円の借金持ち公務員がタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

【生活激変】借換ローン(おまとめローン)で借金を一本化したら生活が楽になった

サワッディーカップ!

tadです。

 

当サイト管理人のtadは、飲み会での散財により浪費しまくり、借金500万円を作り上げた多重債務者でした。

500万円のうち420万円はクレジット会社や消費者金融からの借金で、年間金利15%〜20%が発生していたわけです。

つまり1年間の利息支払いは約75万円(毎月約6万円)ということです。

これに借金元本分の返済もあるため、月々トータル約15万円を返済していたわけですよ!

もちろんリボ払いでの返済です。

 

毎月の手取り給料が23万円程度の公務員であり、タイ人嫁との約束である積立預金8万円を2人で管理する口座に入金すれば…

 

無一文になるわけですよ。

 

もちろん、嫁には借金のことを秘密にしています!

 

家賃や光熱水費、ケータイ代、食費など生活する上で欠かせない出費をどうやって捻出するか?

 

返済した元本約9万円を再び借金するわけですね。

このように自転車操業を繰り返していたわけで、6万円をどぶに捨てていました。

こんなクソな生活を送っていたら、嫁と同居生活が始まれば、即借金バレして、即離婚。

離婚シナリオを避けつつ、毎月の返済額を抑えつつ、金利を下げるなんて方法はないのだろうか?

自己破産などの債務整理しないといけないのか?

いや、それは何かとまずい。 嫁バレする可能性大だ。

 

ということで、最良の解決策は何か?

と考えた結果…

 

ろうきん(労働金庫)で借換ローンを利用することだったんですね。

 

年間金利3.9%という借換カードローン【スマートチョイス】を利用したことで、毎月の生活が激変しました!

 

また、借金を完済するために、自分のお金に対する考え方および生活を改めないとあかんということを実感しましたね…

今回はその辺りのことを記事にします。

では、いってみよー

 

f:id:tad20160724:20190603222748p:image

 

借換ローン実行後、生活が激変

 

借換ローン実行後は、毎月の返済額が45,000円になりましたね。

※返済額は借入残高に応じて決まっています

f:id:tad20160724:20190429001815p:plain

借換ローン最低返済額一覧表

また、給料天引きなので強制的に支払うことになります。

多重債務者だった頃は、7社へ返済していましたが、1社にまとめられるので管理が楽ですし、毎月の返済額が15万円から45,000円に激変するので、自転車操業状態から脱出できました。

 

しかも金利3.9%だから、45,000円のうち30,000円以上は元本に充てられるということで、これまでより借金返済スピードは大きく加速しますね。

さらに、積立預金と生活費を差し引いもいくらか手元にお金が残ります。

これを追加で返済すれば加速度的に借金返済スピードが上がっていくわけですね。

ほんまに借金完済というゴールが見えてきましたよ!

 

✅ちなみに…

ろうきん(労働金庫)の借換カードローン【スマートチョイス】は、自分が勤めている会社の労働組合が、ろうきんの会員組合員でないと利用できない商品です。

一般のお客さんなら、スマートチョイスは利用できず、ちょっと割高の金利で設定されている借換ローンを利用することになりますね。

➤カードローン(マイプラン)|中央労働金庫

 

カードローンを二度と利用しない覚悟による意識改革

 

 

上記のツイートの通り、多重債務者時代に利用していたカード7枚をぶった斬りました。

この7枚が財布に入っていると気が重かったですね。

これを切り刻む時に思ったことは、二度と多重債務者になるようなクレジットカードの使い方をしないということですね。 もう絶対にリボ払いもしない。 翌月一括払いできないという【借金】は、金輪際しないことを覚悟しましたね。

 

借金って、一種の精神的な病気なんですよね。

これを完治させることは非常に難しい。

自分の借金体質という性質を変えるなんて、よほどの覚悟がない限りにできないわけですよ。

tadは数年前に友人に200万円というクレジットカードと消費者金融からの借金を立て替えてもらったことがあるんですよね。

その時も二度と多重債務者にならないし、リボ払い返済なんてしないと誓ったはずが、再び420万円の借金を作るに至ったんですよ…

友達からの好意を完全に裏切り再び多重債務者として泥沼にハマったわけです。

 

そう…

人間その時はめちゃくちゃに覚悟したつもりでも同じ過ちを繰り返すんです。

同じ過ちを繰り返さないためには、借金しないために借金を作った原因に目を向けないことが大事です。

tadの場合は、飲み会での散財で多重債務者になったんです。

後輩や女に奢りまくり見栄を張ったため、そして飲むと朝まで絶対に飲み続けるアルコール中毒のために、とんでもない借金を作ったんです。

 

今後、借金をしないための方法はたった1つ!

飲まないことです!

つまり飲み会に参加しないことですね。

あなたも借金を作った原因は明確に分かっているはずです。

その原因に目を向けず、近づかないこと。

これしか解決方法ないですよ!

あなたの借金体質という人間性を根本的に治すことは無理だと思うんですよ。

 

だから…

見ない。近づかない。意識しない。

 

これに限ります。

以下、誓いのツイートを貼り付けます!

 

 

最後は自分に勝つか負けるという根性論

 

f:id:tad20160724:20190603222220j:plain

頑張る

繰り返しなりますが…

借金癖は、根本的には治らない。

治らない原因は、自分自身の性質を変えられないから。

とはいえ、諦めたら借金漬けの生活で一生借金に苦しむ生活を送ることになります。

そうならないためには、あなた自身が借金の原因から自分を遠ざけるために、自分の欲望を乗り越えて我慢するしかないんですよね。

 

これはもはや、ただの根性論です。

我慢できるかできないか。

 

tadもお酒が大好きで金曜の夜に飲み会を急遽誘われたら我慢できずに参加したくなります…

だって、みんな浮かれた顔で居酒屋に吸い込まれていくわけですからね…

 

そこをグッと堪えて「別件あるから今日はあかんねん!」と断れる人間になろう!

「飲み会に参加するのは、借金完済して金に余裕ができてからでいいやん」

って感じで自分を納得させています。

 

自分に勝つしか借金完済は、あり得ません。

仮に自己破産して人生再スタートしても同じです。

自分の欲望に負けたら同じ過ちを必ず繰り返します。

しかも自己破産したら、ブラックリスト入りしてるため、まともなクレジット会社や消費者金融から借金できませんからね。

もっと地獄が待っていますよ。

 

借金完済するために自分の欲望に勝とう。

頑張りましょう!

 

まとめ

 

多重債務者として自転車操業状態なら一刻も早く手を打つべきです!

そこでtadは借換ローンをおすすめしているわけですが、金利を下げても、とてもじゃないけど完済できない!って状況なら…

自己破産など債務整理を検討するしかないですね。

 

そんなめちゃくちゃやばいってわけじゃないけど、毎月リボ払い返済でなんとなく金が消えているって、あなたは借金を一本化したことにより、金利が大幅に下がり毎月の返済額が減り、生活に余裕が出るなら、完済への道は拓けますよ!

 

毎月の最低返済額を返済し、翌月の給料日前に余裕があれば追加で返済する。

もうね借金元本を直接減らせれるのでスカッとしますよ!

ゲーム感覚ですね。

 

まぁ、完済の道が拓けたといっても、借金の原因から自分自身を近づけないことが大前提ですよ。

借金の原因に自ら突っ込めば、再び借金地獄に陥りますからね…

とはいえ、誘惑に負けそうな時って、多々あります。

tadもめっちゃ経験していますが、とにかく借金の原因を「見ない」「近寄らない」「意識しない」ことを徹底するのみですね。

 

最後は根性論ですが、そうやって自分自身に勝ち続けることで借金完済を実現できるわけです。

 

自分に勝とう!!

 

おしまい

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved