仕事嫌いタイ好き借金男がタイ人と国際結婚しタイ移住

34歳1300万円の借金持ち公務員がタイが好きなあまりタイ人と国際結婚し、タイ移住の夢に向けて日々の生活を綴るものです。

【スポンサーリンク】

タイ人女性と国際結婚したメリットとは、価値観の違いを学べたこと!

f:id:tad20160724:20181216183843p:plain

サワッディーカップ!

tad(@tad20160724)です!

 

まずは、今回の記事の概要です。

 

今回は、経済成長真っ只中のタイの首都バンコクで育った、タイ人嫁の価値観によって、不景気な時代しか知らない、さとり世代(1985年生まれ)のtadを価値観を打ち砕く内容です。

 

  • タイ人嫁の価値観・・・頑張れば富や豊かさは、得られる!
  • tadの価値観・・・不景気やから、頑張っても無駄。平凡に生きよう…

 

このお互いの価値観の違いを知り、そしてtad自身、時代のせいにして豊かになることを放棄するという価値観を変えてくれました!

国際結婚しなかったら、絶対に気づかなかった!!

そんな記事です。

 

では、行ってみよー!

 

最近は、借金完済ブログの方に力を入れていて、全然更新できていませんでしたが…

それもそのはず、11月16日〜19日にバンコクに行って以降、タイ人嫁とも日常的なLINEでのやり取り以外に、特に何も無かったんですよね。

当然、訪タイ中は、バンコクの夜遊びを楽しめなかったので、新ネタも無いし…

※タイ人嫁は、現在、実家のバンコクに在住で、高級カラオケクラブのホステスとして働いてます。

予定では、2020年4月まで国際通い婚状態が継続することになってますね。

 

そんな状況なんやけど…

 

嫁とふつうに電話してたら…

思わぬ方向に話が行き…

1985年生まれ、さとり世代のtad… タイ人嫁の言葉に感化されました。

 

✅さとり世代とは

これは現代の若者気質から作られた言葉であり、2010年代に 若年世代であった者たちが 物欲にこだわる煩悩から解脱し、あたかも悟りを開いているかのように見えたところから生まれた言葉。

 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/さとり世代

 

経済成長中のタイ人嫁と衰退期にある日本人tadの価値観の違いは、半端なかった!

 

 

さとり世代とは、うまく表現したなぁ〜と思うけど、それを平然と受け入れた時点で、俺の成長は止まることをタイ人嫁から教えられました…

 

経済成長期の真っ只中で勢いのある時代に生きているタイ人嫁は、パンチが効いています!

ほんまに、さとり世代で、不況が当たり前の日本人にとっては、すごく刺激的でしたね。

そして、猛省しました。

何、時代のせいして、諦めてんだと…

特にタイ人嫁から次の言葉にまともに答えられなかった自分がダサすぎましたね。

 

タイ人嫁「夢は何?」

 

先ほどのツイッター画像は、ほんの一部を抜粋したもんやけど、実際は以下のようなやりとりがありました!

 

タイ人嫁「公務員の給料だけで、私とか子どもができたら、幸せに暮らせるの?」

 

tad「色々と我慢することは、あるけど元気に暮らせることはできるよ!」

 

タイ人嫁「家とか車とか、どうする?」

 

tad「日本は、家や車を持つとお金がかかるよ。 だから、若い人は、持っていない人が多いよ。 特に都会に住んでいたら、いらないよ。」

 

タイ人嫁「欲しいと思わないの?」

 

tad「別に無くても、困らないやん」

 

タイ人嫁「tadは、夢とかないの?」

 

tad「嫁と子どもが元気やったら、それでいいよ。」

 

タイ人嫁「それだけ?」

 

tad「それで十分やん。 日本人は、みんな、そんなもんやって」

 

タイ人嫁「みんなは、関係ない! なんで、もっと頑張らないの? tadには、残念よ」

 

tad「え…」

 

タイ人嫁「もっと、頑張って給料いっぱい稼いでよ。 なんで、頑張れないの? つまらないわ。」

 

tad「…」

 

ここから、嫁のお父さんの話に展開…

 

タイ人嫁の父親の苦労話

 

タイ人嫁「私のお父さんは、最初貧乏で家も無かったし、靴も無かった。 でも、頑張って働いて、今では家を4軒と車を3台持ってるよ。」

 

tad「貧乏やったんや…それは、知らなかった。」

 

※お父さんの苦労話は、初めて聞きました。

 

タイ人嫁「お父さんは、いっぱい頑張ったのに、なんでtadは、頑張れないの?」

 

tad「はい…」

 

タイ人嫁「しかも、結納の200万バーツは、まだ払ってないし!! どうする!?」

 

tad「がんばるよ。」

 

タイ人嫁「何をがんばるの!?」

 

tad「インターネットのビジネスをがんばるよ。」

 

タイ人嫁「1年後、何も変わってなかったらdivorce(離婚)ね!!」

 

tad「がんばるよ。」

 

タイ人嫁「じゃあね。」

 

ツーツーツー …

 

離婚て、こんな感じでするんですかね??

 

やっぱり、円満な夫婦生活は経済力があって、初めて成立するんやろうね。

 

話はそれたけど…

 

嫁のお父さんが、そんなに苦労人だったとは…

正直、裕福な家庭で育って、自営業もコネとかあったからこそ、軌道に乗っていたんかなぁ〜と思ってんやけど…

そんな苦労をされていたとは…

つゆ知らずでしたね…

※お義父さんは、飲料水とかスナック菓子などの卸売の自営業です。

 

何もないところから一代で、それなりの富を築かれたのは並大抵のことじゃないですね。

それを近くで見ていたタイ人嫁からすると、tadの体たらくぶりを見ていると、イラつくんでしょう。

 

tad自身、英語やタイ語の勉強をしつつ、ブロガーとして記事を書き続けていますけど、「甘かった」です。

 

もっと真剣に没頭しないと、このままうだつの上がらない、平凡なサラリーマンで人生終わってしまう…

当然、平均的なものなど望んでいないタイ人嫁からは、愛想尽かされること間違いなし。

マジにならないと…

 

ちなみに…

 

結婚前に結納の200万バーツ(約660万円)については、嫁から言われていたんですが、うやむやしつつ、結婚式を迎えたんですよね。

 

✅結婚関連の費用一覧は、下記のとおり!!

 

f:id:tad20160724:20180730214909j:plain




 

660万円は異次元の結納金の額ですけど…

※タイでは異次元って、ほどてもないらしい。

特に外国人と国際結婚するなら、ビックリするような額ではないんですよ。

 

結納金については、約束していたので、仕方ないよね。

覚悟はしてたけど、重くのしかかります。

そもそもカードローン360万円あるし、友人からの借金も120万円程度あるんよな。

公務員の給料だけじゃあ、とてもじゃないけど…

無理ゲーです。

 

 
あわせて読みたい

※多重債務者であるtadの借金状況は、下の記事で赤裸々に告白してます。

今後、どうやって、既婚者であるtadが、タイ人嫁に借金バレせず、借金を完済するのか!?

という方法も合わせて書いているので、借金に苦しんでいるなら、あわせて読んでみて!

➤多重債務者のために、多重債務者が借金完済するための記事を書いた

 

やっぱり、ブログでなんとか収益あげるしかないよな!!

 

f:id:tad20160724:20181216184138j:plain

時代や周りの環境のせいして、豊かになることを諦めたらダメ

 

前述したけど、タイ人嫁のお父さんは、タイの成長期の中でうまく波に乗って、卸売の自営業を軌道に乗せたって感じは、確かにあるでしょう!

実際、バンコクは個人商店めちゃくちゃ多いんで、取引先が、かなりあったと思います。

※現在は、大手コンビニチェーンが市場を席巻しているので、個人商店は減少傾向でしょう。

それに伴って、売上は下がっていると思われるけど…

 

ただ、そんな時代背景がすべての要因なわけないんよね。

何よりお義父さん自身が、家族のために必死に働かれたからこそ、今の資産を築けたんでしょう。

時代がどうとか、不景気がどうとか、言い訳ばかりしているtadに対して、タイ人嫁がイラつくのは当然です。

 

日本は、ガッツリ衰退期に突入しています。

これは、火を見るよりも明らかです。

「だから、仕方ないんだよ。」

って、考え方しかtadは、持っていなかったけど…

 

嫁のお義父さんを見習って死ぬ気で働けという考え方に感化されました。

嫁との電話が終わった後、猛省しました…

 

タイと日本。 価値観の違いは、それぞれのバッググラウンドが違うんやから、違って当然やん。

って感じで、聞く耳を持たなかったtadやけど…

もっと、がんばって、タイ人嫁とまだ見ぬ子どものために、真剣にお金を稼ぐことについて考えないとアカン!

と、強く感じました。

 

一心不乱に打ち込める何かを見つける

 

現在、tadは、ブログの執筆と英語、タイ語の勉強に打ち込んでるつもりやったけど、ハッキリ言って、覚悟が全然足りませんでした。

新しいビジネスを見つけるまでは、ブログの収益化をもっと真剣に考える。

英語、タイ語については、日常会話は最低限に使えるレベルにし、ビジネスでも使えるレベルに持っていく!

タイ人嫁に喝を入れられて、ホンマに目覚めましたよ。

 

借金を隠してますけど…

 

周りを見渡せばブログで月7桁稼いでる人がゴロゴロいます。

tadが入っているオンラインサロンでも数十人の方々が、当たり前のように7桁を稼いでます。

同じ人間なんで、本気で打ち込めば追いつけるはずと信じて、一心不乱にブログに取り組もう!!

※ブログは、ちょっと落ち目なので、動画コンテンツに移行しないといけないのかなぁ?

と、真剣に考えています。

 

f:id:tad20160724:20181216184312j:plain

国際結婚は、価値観の違いがあるからこそ、おもしろい

 

タイ人嫁に喝を入れられるまで、

  • 日本は〇〇だから、仕方ない。
  • でも、日本は〇〇やから、無理やねん。

 

考えもせずに日本の現状を言い訳にして、諦めてた。

タイの価値観を受け入れようとしなかったけど、それは違いました。

違う価値観を受け入れるからこそ、違った自分になれる可能性があるんですよね。

価値観の違いで全てシャットアウトしてたら、人生めっちゃもったいない!

国際結婚しなかったら、絶対に気づくことがなかったことです。

 

経済成長中で、イケイケのタイ人嫁の価値観を取り込むことができて、1つ上のステージを本気で目指してます。

 

遊び半分で、ブログを書くのは、もうやめた!

本気で取り組もう!

新しい価値観を教えてくれて、ありがとう!

嫁!

 

さいごに

 

さとり世代は、基本的に諦めモードです。

生まれた時から、ずっと ・・・

  • 不景気
  • 失われた10年→20年→30年

などなど、明るいニュースに触れたことがない世代です。

 

ほとんどの人は、がんばっても豊かになれないって、心のどっかで本気で思っています。

 

でも…

 

なんでも時代や社会のせいしてたけど、自分の気持ち次第で、変われるんや!

tadの言い訳に対して、

タイ人嫁の 考え方である

  • 周りは、関係ない!なんで、頑張らないの?
  • お父さんは、貧乏でも頑張って、富を築いた

 

こんな前向きな発言を久しぶりに聞きましたね。

 

日本の価値観にどっぷり浸かっていたら、まず聞くことがない言葉でしょう。

給料は、増えないから、とにかく節約。

 

こんな思考回路だから…

豊かになることを完全に放棄した価値観しか持っていない、さとり世代tadにとって、グサッと突き刺さる、タイ人嫁からのお言葉でした。

 

国際結婚して、本当に良かった。

 

 

 

おしまい

【スポンサーリンク】

Copyright-tad0724,2018 All Rights Reserved